2017-06-07

【CF】ファンディングの大まかな流れ

まずはクラウドファンディングにチャレンジする上で、大まかな流れを知っておく必要があります。

1.プロジェクトの企画づくり
あなたが持つ大きな目的のために、クラウドファンディングが本当に最適なのかを考えてみてください。その上で、支援者が共感するポイントを押さえた分かりやすい企画を作ります。
  ↓

2.プラットフォーム選び
あなたのプロジェクトの属性にマッチするプラットフォームを選択します。
もちろん、手数料やその他条件も加味した上で判断してきます。
  ↓

3.投稿~事前審査
考えた企画をプラットフォームへ投稿して、事前審査にかけられます。
詳しい審査基準は各社とも明らかにはされていませんが、プロジェクトの実現性が最も重要な基準と言われています。
  ↓

4.プロジェクトページの作成
運営側による審査に通過すれば、運営サイトのキュレーター(担当)と本格的なプロジェクトの作成に入ります。
プロジェクトページの作成やリターンの設定だけでなく、事前に準備しなければいけない広告などの制作も同時進行で始めます。
  ↓

5.最終確認~公開開始
公開日の1週間前には最終確認を済ませ、プロジェクトのスタートに臨みます。
  ↓

6.プロジェクトの公開
クラウドファンディングは勝手に支援が集まるサイトではありません。公開中の行動量が支援額に大きな影響を及ぼすので、全力で駆け抜けてください。
  ↓

7.プロジェクト終了
ほっと一息つきたい所ですが、すぐにリターンの手配を始めてください。リターンが遅延すると少なからずプロジェクトとあなたの信用度が落ちます。



ここまでが起案からプロジェクト終了までの大まかな流れです。
これだけは分かっていただきたいのは、クラウドファンディングでの成功はゴールではなく、あくまでも通過点ということ。

あなたの本来の目的を忘れずに、今後も応援いただける支援者との絆を大切に紡いでください。

support
関連記事