夢を目標に変えるブランディングパートナーAIDDESIGN

Blog

ここを見誤るとビジネスとして成り立たないもの

ブランディング

どんなに良い商品、どんなに良いサービスであったとしても、ここを見誤るとビジネスとして成り立たないものがあります。

 

 

 

それが何だかお分かりになりますでしょうか?

 

年始早々、質問からのスタートですみません。

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

答えは【顧客の望む価値を提供しているか】です。

 

当たり前の話ですが、ここを見誤るとビジネスは成り立ちません。

 

なぜなら、どんなに良い商品・サービスであったとしても、顧客が望むものでないと売れることはないからです。

 

 

 

▼たとえば、あなたが大切な方へプレゼントを贈るとします。

 

せっかくなので、あなたの大切な方をイメージしてみてください。

 

 

奥様でしょうか?

 

旦那さまでしょうか?

 

お母さんでしょうか?

 

お父さんでしょうか?

 

娘さんでしょうか?

 

息子さんでしょうか?

 

 

その方へのプレゼントを選ぶ時、どのような基準で考えますか?

 

 

自分が好きな物? 自分が欲しい物?

 

おそらくその様な選び方をする方は少ないと思います。

 

 

 

妻ならこれが気に入るだろう・・・

 

夫なら、母なら、父なら、娘なら・・・

 

かならず贈る相手が欲しいもの、相手のニーズを考えるはずです。

 

 

もう少し言うならば、絶対に外せない、外したくないという場合、贈る相手にそれとなくリサーチすることはありませんか?

「今、欲しいものってある?」と。

 

 

 

▼話を元に戻し、ご自身のビジネスではいかがでしょうか?

 

自分が好きな物、欲しい物がビジネスとして成り立つ場合もありますが、それがイコールではない場合が多いもの。

 

 

あなたの【顧客】は誰ですか?

そして、その【顧客】が求めている価値を正確に把握していますか?

 

繰り返しになりますが、ここを見誤ると、どんなに良い商品・サービスであったとしても、ビジネスとして成り立ちません。

 

 

【顧客】の求めている価値が分からなければ、どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

これは簡単な話です。【顧客】に聞けばいいのです。

 


答えはすべてあなたの【顧客】が持っています。

 

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Mail
Magazine ブランディングに関する情報を定期的に配信中!Mail
Magazine ブランディングに関する情報を定期的に配信中!
Contact Us

ブランディング・マーケティングのご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。