代表プロフィール

エイドデザイン 代表  渡部 直樹

photo_watanabe1974年 大阪生まれ和歌山育ち。
芸大卒業後、地元総合印刷会社にデザイナーとして入社。
以降20年間で5000件以上の広告案件に携わる。在籍中に、DTPデザインの全国誌への寄稿やプロが集まるデザインコンテストでHP(ヒューレットパッカード)から特別賞を受賞するなど、そのデザイン性の高さには定評がある。

デザインに、行動経済学やダイレクトレスポンスマーケティングを組み合わせた独自の広告理論を構築。その手法を使い、多くのクライアントからの支持を獲得する。

2016年1月。これまでの経験をベースにした広告戦略を使い、地域活性化のプロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングへ挑戦。プロジェクト公開直後わずか3時間29分で目標金額に到達。その後も多くの応援を受け、目標金額の443%にも昇る200万円以上の資金を調達した。

このプロジェクトの経験から、これからのマーケティングには“応援”が必要不可欠なキーワードになると確信。
“デザインとマーケティングの力で、正直者がバカを見ない社会を創る”という理念のもと、2017年4月にエイドデザイン(AID DESIGN)を立ち上げる。

現在はマーケティングの精度をさらに高めるため、ブランド構築からそのブランドを短期間で浸透させるためのマーケティング・サポートをしている。

クライアントは上場企業から中小企業、また全国でもトップクラスのコンサルタントやコーチからも依頼も多い。