2017-05-18

【広告】読み手のストレスを極限まで減らす

■皆さんは<ストレス>と聞いて何をイメージされますか?
 
Wikipediaによると“何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態”とあります。
 
普段の生活においても、程よいストレスは張りになりますが、度を超えると負担になります。
 
実は広告でも<ストレス>というのは重要な意味を持ちます。
 
例えば、タテ書きとヨコ書きがやたら混在していたり、色が多くチカチカしているとどうでしょう。
そんな広告を見ようとは思いませんよね?
 
■売れる広告を作るためには、まず伝わらないことには始まりません
 
では、伝わるためにはどうすればいいのか?
 
それは<読み手のストレスを極限まで減らす>こと。
 
たとえば文章だと区切りの良い位置で改行したり、両面の広告であればレスポンスデバイス(購入導線)をそれぞれの面に配置することも大切です。
 
結局、広告は伝わらないと何も始まらないのです。
 
あなたの広告は『お金をかけたツイッター(独り言)』になっていませんか?

support
関連記事