2017-04-02

【CF】アナログツールで差がつくクラウドファンディングの成功率

日本には大小合わせて100近くの購入型クラウドファンディングサイトがあると言われています。
主要なサイトにアクセスすると、1000万円超の成功プロジェクトが華やかに並んでいますが、額面通りに受け取ってしまうとかなり危険です。

あなたはクラウドファンディングの成功率をご存じでしょうか?

プロジェクト数の少ないサイトは母数の関係で成功率は高い傾向がありますが、市場全体でみると40%を切っているとも言われています。
つまり10人がチャレンジすれば、6人が失敗しているのが現状。

では、成功するためにはどうすれば良いのでしょうか?

その答えは、実はアナログでの活動にあります。

クラウドファンディングはネットを使った仕組みなので、デジタルなツールだけに頼りがち。
実はそこが落とし穴でもあります。

よく考えてみてください。
あなたは何かを購入するとき、紙に印刷されたなどカタログやチラシなどを見ていませんか?

私たちが意思決定するときには、実は今でもアナログツールがかなり有効なのです。

クラウドファンディングでも同じように、アナログツールをいかに活用するかで成功確率が変わってきます

詳しくは、始める前に必ず読んで欲しい“虎の巻”をご覧ください。

support
関連記事