2018-02-13

【販売促進】100万円の当たりクジを換金しない人

▼ここに「当たりクジ」と「外れクジ」がそれぞれ1枚ずつあります。

 

「当たりクジ」を引くと100万円と交換でき、「外れクジ」を引くと1円も貰えません。

 

普通、「当たり」か「外れ」か分かりませんが、今は特別に見えている状態。

 

あなたはどちらを選びますか?

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

当然「当たりクジ」を選びますよね。

 

もちろん、私もそうです。

 

 

▼これは先月受講した川阪正樹さんのセミナーでの最後の質問でした。

 

この質問で何を伝えたかったのかと言うと、ほとんどの方は見えている「当たりクジ」を引くように、これをすれば成功するという方法を知っているということ。

 

つまり、誰もが知っているのにやらないのです。

これは「当たりクジ」を引いても換金しに行かないのと同じではないでしょうか?

非常にもったいないですよね。

 

▼たとえば、セミナーの集客で言うと…

  • セミナーページを作る
  • セミナーチラシを作る
  • いくつかのセミナーサイトに投稿する
  • 興味のありそうな友人・知人に直接お声掛けする(これ大事)
  • 興味のありそうな友人・知人に手紙を送る
  • 興味のありそうな友人・知人にメールやメッセージでお声掛けする
  • メルマガやSNSなどで周知を徹底する
  • 影響力のある方々に告知を依頼する
  • あらゆる広告を使って発信する

 

偉そうに言う訳ではありませんが、ここに書いてある打ち手は最低限のこと。
しかし、満席になっていないセミナーでは充分にやられていない方も多いと思います。

 

▼広告やマーケティングは決して魔法の杖ではありません。

 

誰もが引ける「当たりクジ」を価値あるものに交換するための具体的な施策なのです。

やるべきことが分かっているなら、あとは粛々とこなすだけ。

とにかく動いてみましょうよ。

動く前に分かることなんて大した価値はありませんから。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

AID DESIGNの無料メルマガ
【応援されるデザイン通信】は毎週火曜日の朝に配信中。

よろしければご登録ください。
↓  ↓   ↓

  ■ 登録・解除フォーム
  ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

 
support
関連記事