応援されるための『3つのF 』

応援されるプロジェクトを作るには、『3つのF』が重要なポイントになります。

1つのF…Flag(大きな旗)

大きな旗とは、プロジェクトを成功させることで貢献や実現できること。大義や目的と言い替えてもいいかもしれません
例えば、明治維新においても、尊皇攘夷という旗を掲げることで全国から志士が集まり、その先の未来を見せることで命をかけて戦ったということが言えます。

掲げる旗としては、地域活性化や過疎対策、地場産業の振興など社会に貢献できるような上位概念が望ましいでしょう。

2つのF…Fan(元々のファン)

当たり前の話ですが、応援されるには『応援する人』がいないと話にはなりません。ゼロから新しい市場を作ることもできますが、難易度が高くお薦めはできません。
応援されるには、まず、掲げた旗やプロジェクト内容に『元々のファン』がいるのか、というのが大きなポイントになります。

つまり、『元々のファン=マーケット』がある所でチャレンジすることが、応援されるプロジェクトを作る前提となるのです。

3つのF…Future(未来予想図)

クラウドファンディングで陥りがちなのが、プロジェクトの終了日をゴールに設定してしまうこと。
クラウドファンディングでの資金調達はあくまで目的を達成するための手段にしか過ぎません。しかし、プロジェクト終了後の未来予想図をきちんと描いていないと、資金調達が目的となってしまうケースが少なくありません。
手段が目的化しないためには、プロジェクト本来の目的を明確にし、クラウドファンディングはあくまで通過点とする『未来予想図』を描くことが重要なのです。