2017-05-21 セミナー(大阪)

広告デザイン × 目標達成の技術【満席御礼】

広告で思うような成果を上げる為には、乗り越えなければいけない壁があります。

それは・・・“読まない” “信じない” “行動しない” という、いわゆるマーケティング“3つの壁”。

“広告を読んでもらうためには、どうすればいいのか?”

“信じてもらうためには、どうすればいいのか?”

“行動してもらうためには、どうすればいいのか?”

広告ではこれらの壁を乗り越えないと、思うような成果は上がりません。

 

では、ここであなたに質問があります。

“読んでもらうためのコピーやお客様目線の内容”
“信じてもらうための情報やお客様の声”
“行動してもらうためのオファー(特典)やレスポンスデバイス(購入導線)”

マーケティングの教科書通りにチラシを作ったにも関わらず、結果につながらなかった・・・という経験はありませんか?

『ある』とお答えになった方。ご心配には及びません。
なぜなら、これは大抵の方が経験されることだからです。

それでは、結果につながらなかった理由とは何なのでしょうか?

 

それは、“3つの壁”の前に立ちはだかる【見えない壁】にぶつかってしまったから。

それは“手にとってもらう壁”です。

 

たとえば・・・

手を伸ばさずにはいられないデザインであったり、

触覚にアプローチする用紙の質感であったり、

視線をその先に誘導できるレイアウトなど

これらが出来ていないと、せっかく考えたその後の“3つの壁”への対策も全く無意味なこと。
そもそも手に取ってすらもらえていないので当たり前の話ですよね?

少し厳しく言わせていただければ、“手に取られていない”ということは“見られていない”、すなわち世の中に存在していない広告と同義とも言えるのです。

 

今回のセミナーでは、20年間で5,000件以上の広告制作に携わったAID DESIGNの渡部が、その経験から学んだ“机上の空論ではない、生きた広告デザインの知恵”をお伝えします。

 

~当日お話する内容の一部~

□ マーケティング“3つの壁”の前に立ちはだかる“見えない壁”とは

□ 95%の方が間違えている広告デザインの考え方

□ 売れない広告はテストと◯◯をしていないだけ

□ 制作会社から買うのは、きれいなデザインではなく◯◯の経験

□ 会社と環境を破壊する◯◯チラシ

□ 手書きチラシの甘い誘惑

□ やってはいけないデザイン10連発

□ 情報をきっちり伝えるための3つの要素

□ 無意識に人を動かすデザインとは?

□ 広告で成果が上がらない人の考え方

 

さらに、スペシャルゲスト!

陸上競技日本一13回を育成した元カリスマ体育教師・原田隆史氏から目標達成のスキルを学んだ、川阪正樹先生をお招きします。

あの有名ラグビー選手や二刀流のプロ野球選手も取り組んだメソッドを用い、広告だけでなくあらゆる事業で圧倒的な成果を上げる為の目標達成の技術をお伝えいただきます。
★川阪先生の著書『「常勝メンタル」強化の技術』(セルバ出版)★

 

アナログ広告(チラシなど)で成果を上げる考え方と、普段大企業の研修でしか聴くことの出来ない川阪先生の目標達成の技術を学べる、希少な少人数セミナーです。

どうぞお早めにお申し込みください。

セミナー詳細

セミナー対象 アナログ広告で成果を上げたい方、目標達成の技術に興味のある方。
日 時 5月21日(日)13:30~16:40
場 所 新大阪駅丸ビル別館
(参加者の方にだけお部屋番号をメールでお知らせいたします)
定 員 10名
※定員に達し次第、受付を終了します。
講 師 ~第1部~
テーマ:圧倒的な成果を出すための広告デザインの考え方
渡部 直樹(販売促進・CFアドバイザー)

~第2部~
テーマ:あらゆる広告で常勝する目標達成の技術
川阪 正樹(コーチ・講師)

参加費 14,000円(税込)
→5月12日までのお申し込みで早割8,000円(税込)
※事前の銀行振込
キャンセルについて キャンセル料はいただいておりませんが、少人数セミナーのためご考慮いただきますと幸いです。
お申し込み 下記のフォームに必要事項を入力して送信してください。

受講申込みフォーム

   

photo_J