2017-04-16 セミナー(大阪)

クラウドファンディング真・活用術【満席御礼】

クラウドファンディング真・活用術

クラウドファンディング(以下CF)とは
あなたのアイデアをインターネットを通じて広く発信し、
不特定多数の方から資金を調達する仕組みです。

そんなCFに挑戦される方が最も知りたいこと。
それは『どのようにすれば資金が調達できるのか?』という1点に尽きます。

いきなり断言しますが、
CFは“良いアイデアさえあれば資金が集まる”
そんな単純明快な仕組みではありません。

実際、CFで資金調達するためには
あるマインドを持っておかなければ成功することは難しいでしょう。

それは・・・

photo_B

CFはお金が集まる仕組み、ではなく
CFはお金を集めることのできる仕組み、だというマインドです。

前者はあくまで受け身なので、
プロジェクト中に大したアクションを起こしません。

一方、後者は自ら能動的に動くので
プロジェクトが日増しに拡散していきます。

いずれのプロジェクトが成功するのかは明白ですよね。

実はCFでは、
このマインドといくつかの要点さえ押さえておけば
比較的容易に成功することができます。(←本当です!)

ただし、それはあくまでCFにおける定義上での成功です。

CFで成功する人は増えてきていますが、
本当の意味で成功している人はほんの一握り。

大抵は単発のイベントで終わっています。

 
なぜだと思われますか?
 

photo_C

答えは、CFでの資金調達だけにスポットを当てすぎ
事業の継続性がおろそかになっているからです。

CFはあくまで“目的”を達成するための手段なはず。

CFで重要視しなくてはいけないのが
実は“事業の継続性”にあるのです。

それを考えた時、気を付けていただきたいのが
インターネット上であなたのアイデアをオープンにすること。

それに際してアイデアが盗用される
リスクも考えないといけません。

CFでは、あなたが苦労して創りだしたアイデアを
他人が勝手にモノマネする危険性があるからです。

また、格安で粗悪な品質の商品やサービスを提供されると
あなたやあなたの会社にも風評被害が及ぶかもしれません。

photo_D

そんな危険から身を守る手段の一つに
特許をはじめとする知的財産権があります。

特許と聞くと、何やら難しい印象がありますが、
近年ではビジネスモデルを特許権で保護することも注目されています。

ICTやIoTなどの普及により、
今後はCFを通じてさらに革新的なビジネスモデルが生まれてくるでしょう。

どのようなビジネスモデルが特許になりうるのか、
マネをされないためにはどの部分に留意すればよいのかは
事業の継続性を考える上で重要なファクターです。

photo_E

しつこいようですが、CFでの成功はただの通過点。

真の成功はプロジェクトが終わった後
“継続的に事業を応援してもらるか”にあります。

 
このセミナーでは、
CFの基礎知識から具体的な資金調達の方法、

また事業の継続性を考える上で
必要となる知財管理の知識まで一気通貫でお伝えします。

本当の意味でのCFの成功を望まれる方は
ぜひこのセミナーにご参加ください。

絶対に損はさせません。

これまでのCFセミナー受講者様のお声(一部)

渡部さんの今回のクラウドファンディングへの挑戦と、その結果が素晴らしかったので、ぜひともその内訳、特にどのような姿勢で挑まれたのか知りたく参加しました。とても分かりやすく、セミナーの時間管理も完璧で満足度が高かったです。ありがとうございました。
司法書士法人トリニティグループ
司法書士・新倉 由大さま
実際の成功事例に基づいたセミナーなので参加を決めました。クラウドファンディングの進め方というノウハウ面はもとより、共感してもらいファンを増やすというビジネスの根本にも通じる考え方を再認識しました。
株式会社 イー・フード・ビジネス・サポート
代表取締役・上田 逸平さま
講義内容でクラウドファンディングの勉強はもちろんできましたが、プロジェクトの一連の流れはどの商売、事業にも通ずるものだと思いました。
株式会社 イエステージ
代表取締役・和田 静佳さま
アイデアをどう活かして資金調達につなげるのか知りたかったので参加しました。プロジェクトをスタートするまでの具体的な進め方が知れたり、アイデアを内容につなげていく方法が知れて良かったです。
株式会社 市川ビル
ファイナンシャルプランナー・落合 彩矢さま
行政の仕事にクラウドファンディングを活用したいと思い、参加しました。受講前はリターンの設定方法が分からなかったのが理解でき、セミナー内容のすべてが為になりました。ありがとうございました。
和歌山県・広川町役場
広報担当・金丸 将太さま
『すまほぶくろプロジェクト』における渡部様の手腕を拝見しながら、資金集めではなくマーケティングとしてのクラウドファンディングの可能性に興味を抱き受講しました。セミナーを受講していて非常にワクワクしてきました!本日は有難うございました。
株式会社スマートインサイト
取締役・宮本 理惠さま
前回受講した渡部さんのセミナーが非常に良かったので、もう少し詳しく聞きたいと思い参加しました。こういったモノが面白いのではないかという新しい発見もあり、自分の中でのアイデアを煮詰めることができました。たいへん満足できるセミナーでした。
尾崎産業株式会社
代表取締役・尾﨑 昌司さま
クラウドファンディングだけでなく、自分の事業に活かせる事が聞けると思い受講しました。
思った通り、事業に応用できるアイデアが聞け、双方向からのモノの見方や考え方が大切だと分かりました。本日はありがとうございました!
たゆみ堂(整体院)
代表・後呂岡 学さま

photo_F1photo_F2

これまでの知的財産セミナー受講者様のお声

商標の種類におどろきました。位置商標、色の商標など、ホログラム商標など、確かにそれを見て、聞いて、他社のサービスと識別することができるものを商標とするなら、色々な商標があってしかりと思いました。その中で、それを悪用する人がでてくるのが残念です。また国によっては別で登録しないといけないというのは、全世界で統一できればいいのではと思いました。
会社員/谷川 貴章さま
商標・特許は申請するから始まると思います。申請すると気づいている人は、大丈夫でしょうが、気づいていない人に、何か申請したほうが事業にとって有益だよ、といった、申請したらどうかな、みたいなものを聞ける機会があればと思いました。
税理士業/平田 治さま
知的財産権の中に4つの権利がある他、文字、図形、立体etc、細分化された商標があることを知り、勉強になりました。
会社役員/仲宗根 望さま
商標自体をほとんど理解していなかったので新鮮でした。商標の意義がよくわかりました。全体的に具体的な内容でしたので、すごく分かりやすかったです。
不動産鑑定/立山 壮平さま
商標の登録、その内容に色んな種類があるのが、面白かったです。また、検索のしかたを教えてもらえたのが良かったです。全く関係ないと思っていたことが意外と身近なんだと思いました。
建築業/杉浦 成史さま
登録しているかどうか気になったので、特許庁のホームページで検索してみます。
司法書士/上野 秀章さま
有名な事例を参照しながら、商標のや特許の基本的な知識を楽しく学ぶことができ、勉強になりました。メルマガの週刊配信は大変だと思いますが、毎週楽しみにしておりますので、頑張ってください。
弁護士/矢吹 保博さま
特許を取って頂いて良かった。セミナーに参加して再確認できました。
Webシステム/古川 純一さま

photo_h1photo_h2

セミナー詳細

セミナー対象 クラウドファンディングや知的財産の活用に興味のある方。
日 時 4月16日(日)14:00~16:10
※セミナー終了後、16:10より30分程度の質問タイムを設けております。
場 所 新大阪駅丸ビル別館
(参加者にはお部屋番号をメールでお知らせいたします)
定 員 20名
※定員に達し次第、受付を終了します。
講 師 ~第1部~
AID DESIGN・代表
渡部 直樹(CFアドバイザー)

~第2部~
ミライエ国際特許事務所・所長
植田 吉伸(弁理士)

参加費 14,000円(税込)
→3月31日までのお申し込みで早割9,000円(税込)
※事前の銀行振込
キャンセルについて キャンセル料はいただいておりませんが、少人数セミナーのためご考慮いただきますと幸いです。
お申し込み 下記のフォームに必要事項を入力して送信してください。

受講申込みフォーム

   

photo_J