2018-2-17 セミナー(大阪)

【満員御礼・ただ今キャンセル待ちのご予約中】クリエイティブ・ブリーフを使った「失敗しない広告の作り方」

あなたに質問です。

広告を作るときに、必要なものって何だと思われますか?

 
 
チラシやDM、パンフレットなどのアナログ広告だけでなく、WEBサイトやランディングページなどデジタル広告を作る時にも必要なものです。

パソコン? それとも広告を作るためのソフト? 

 
いいえ。もっと根本的なものです。

 
正解は・・・

・・・

・・・

 
原稿です。

「何を当たり前のことを…」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、今日はひとつだけ言いにくい真実をお伝えします。

 
それは・・・「95%の方は正しい広告原稿を作れていない」ということ。

大変失礼なことを言いましたが、これは事実なのです。

 

 

申し遅れました。私、エイドデザイン代表の渡部 直樹と申します。

私はこれまで21年間で5,000件以上の広告案件にデザイナー兼マーケターとして携わってきました。

職業柄、数十万枚以上の広告に目を通してきましたが、その中には沢山の残念なものがありました。

たとえば・・・
 
・見た目はキレイだけど、何を伝えたいのか分からない。
→ビジュアルに走りすぎて、本来の目的を見失っている。

・文字がとにかく多すぎて、そもそも読む気にもなれない。
→伝えたいメッセージが絞り込めていない。

・チラシを見て掲載商品を買いたくなったが、どこに連絡していいのか分からない。
→フィニッシュまでの流れを理解しきれていない。

 
ただ、ここで一つだけフォローさせてください。
広告のプロではない一般の方が作られた場合、それはある意味仕方のないこと。しかるべき広告のプロが、原稿制作のサポートすればいいだけの話です。

 
しかし、中には明らかにプロのデザイナーが関わったであろうクオリティーの広告があります。

 
プロなのに、なぜ・・・と思いませんか?

 
あえて誤解を恐れずに言えば、ほとんどのデザイナーはお客様からいただいた原稿ベースでしか広告を作りません。

なぜなら一般的なデザイナーはマーケティングのプロではなく、紙面をキレイに整えるプロだから

 
つまり、あなた自身が作った原稿が、広告の成功率を左右するということなのです。(←ここすごく重要です!)

 

広告を成功させる原稿には以下の項目が必要となってきます。

□ 広告の目的と目標

□ ターゲットの選定

□ 商品やサービスの特長

□ 競合との優位性

□ ターゲットの本音

□ 伝えたいメッセージ

□ 商品やサービスの信頼性

□ 特典(オファー)

□ 購入導線

 
これらの項目に対して的確な原稿を作らないと広告は機能しません。


・・・

正直、原稿を作るのって大変だと思いませんか? その気持ち分かります。

 
では、上記の項目に関する質問に答えるだけならどうでしょう。
これなら出来そうな気がしませんか?

質問に答えるだけで広告の原稿ができるシートがあります。

それがエイドデザインの「クリエイティブ・ブリーフ」です。

「クリエイティブ・ブリーフ」とは、いわば広告の設計図。
広告の目的や目標、商品やサービスの特長など、9つの質問に答えていくだけで、広告の方向性や内容を明確にできるシートのこと。

さらにエイドデザインの「クリエイティブ・ブリーフ」の大きな特長は、それがそのまま広告の原稿として活用でき、かつテンプレートにはめるだけでチラシができてしまうのです。

▲エイドデザインのクリエイティブ・ブリーフ

 
たとえば一つ目の質問、「あなたは何のために広告を展開し、それによりどういう成果をあげたいですか?」からは、広告の目的と目標を明確にしながら“広告のゴールはデザインする事ではなく、デザインを通じて目標を達成すること” を再確認します。

 
また、二つ目の質問「競合やエンドユーザーから見た、あなたの商品の大きな特長は何ですか?」では、良い意味での「業界の常識は世間の非常識ポイント」を探ります。つまり、売り手が気付いていない、買い手側の「買う理由」を掘り下げて考えることで、エンドユーザーに響くメッセージを見つけることができるのです。

上記のチラシは両方とも受講者さま自身が作られたものですが、クリエイティブ・ブリーフの使用後の方が明らかに伝えたいことが明確になっていることが分かります。

 
今回のセミナーでは、エイドデザインで使用している「クリエイティブ・ブリーフ」をご提供するだけでなく、プロの書き方までレクチャー。さらに、ブリーフを元にした失敗しない広告の作り方までお伝えします。

▲2017年9月9日のセミナー風景

▲2017年11月4日のセミナー風景

〜セミナーの内容〜

□ クリエイティブ・ブリーフとは

□ 実際にブリーフを書いてみよう(ワークショップ)

□ 質問を原稿にしたアナログ広告の作り方

□ 質疑応答タイム

 

前回のセミナー受講者様のご感想

普段何気なく手に取り、見ている広告。web社会と言われる今の中で「紙面」を大切にしたいと思った事が申し込みのきっかけでした。
セミナーを受講してとても満足しています。初心者の私には、何もかもが初めてで分かりやすく自分の中にすっと入ってくる、ありがたいセミナーでした。「作りたい!!」「できるかも!!」の気持ちにさせていただきました。大切なハンドケア、笑い文字、カラーアドバイザーと共に、大切に広告を作りたいと思いました。

相坂 清美さま
チラシがいろいろな場面で必要になってきた為、プロのお話を聞きたかったので受講しました。
相変わらず頭の中が散らかった方ですが、それでもかなり整理がつきました。ありがとうございます!ブリーフを落とし込む見本など、「やってみよう」「やれそう」と思わせていただけるものでした。添削も勇気を持ってお願いしようと思います。
ぐるーぷキューブ
藤原 優子さま
今まで余りチラシを考えて作ったことがなく、クリエイティブ・ブリーフで設計して作ることに興味を持ち、受講しました。
これまでチラシに載せる内容は、必要事項があったら良いというくらいの認識で見た目ばかり気にしていました。今回のセミナーを受けて、何で惹きつけるのか内容を熟考すれば、チラシはもちろん、企画などもより魅力的なものになると思いました。クリエイティブ・ブリーフの一つ一つの質問をより詳しく突き詰めたいと思いました。
紀の川市地域おこし協力隊
新美 真穂さま
「失敗しない」というワードに惹かれました。受講中はクリエイティブ・ブリーフの質問の答えが出なくてどうなることかと思いましたが、チラシ(広告)にのせていく言葉が、ひとつの目的に沿って選ばれることで分かりやすい説得力のある広告ができることが分かりました。
早速、広告を作ってみようと思います!
エムズライフプロデュース株式会社
福島 美恵子さま
チラシを作る時、いつも悩んで時間をとられてしまうため、何か効率のよい方法がないか知りたくてセミナーに申し込みました。
セミナーを受講してとても参考になりました。言語化できていないところで制作することが逆に時間が掛かってしまったのが原因だったのだと気付きました。
cocoroサポートネット「カミーニョ」
落合 彩矢さま
クリエイティブ・ブリーフの質問に答えていくだけで、最後にはチラシのイメージまでたどり着けた。色んなパターンでチラシを作っていけると感じた。誰かに話したくなった。
ファイナンシャルプランナー
足立 憲一さま
仕事で役立つと思い受講を決めました。
今まで何となくターゲットを絞ったり、何となくデザインを考えていたりしていました。今回のセミナーでクリエイティブ・ブリーフの活用方法を知ることにより、はっきりとした部分ができ、伝わる広告作りに役立つと思いました。

Sさま

この「クリエイティブ・ブリーフ」の使い方さえ分かれば、もう原稿作りで苦労することはありませんし、広告の精度を高めることもできます。

“どのように広告を作ればいいのか分からない方”
“広告の原稿を作るのに時間が掛かっている方”

“これから広告を作られる方”
は、ぜひこのセミナーにご参加ください。

きっと、劇的な変化が得られるはずです。

★必ずお読みください★ 同業者さまは受講いただけません。ただ今、キャンセル待ちのご予約となります

セミナー詳細

日 時 2月17日(土)14:00~16:30
※セミナー終了後、16:30より15分程度の質問タイムを設けております。
場 所 新大阪駅周辺
(参加者には詳細情報をメールでお知らせいたします)
定 員 6名(同業者さまは受講いただけません)★満員御礼・増席分も満席★
講 師 エイドデザイン・代表
渡部 直樹

受講料 12,000円(税込)
→1月31日までのお申し込みで早割8,000円(税込)
→さらに前回受講いただいた方は復習講義割引5,000円(税込)
※事前の銀行振込
キャンセルについて キャンセル料はいただいておりませんが、少人数セミナーのためご考慮いただきますと幸いです。
お申し込み 2月10日(土)まで

キャンセル待ちお申込みフォーム

   

photo_J