2018-01-05

【販売促進】◯◯がないと、正しい行動はとれない

▼「行動しないと何も変わらない」

手垢の付いた古びた言い回しですが、原理原則でもあります。

結局のところ、

いくら勉強しまくっても、
本を読み漁っても、
セミナーに参加しても、

行動する人には叶いません

これは誰もが実感していること。

 

▼では『とにかく動けばいいの?』というと決してそうではありません。

まあ、動かないよりは100倍マシですが、ことビジネスに絞って考えると“正しい行動”をしないと成果には繋がりません

 

では、正しい行動とは一体何なのでしょうか?

私は “意思を持った動き” だと考えています。

▼あえて誤解を恐れずに言えば、人は意思なしで正しい行動をとることはありません

何も考えずに動き、たまたま成果につながっても、そこには再現性も達成感もありません。宝くじに当たったようなもの。

「自分は◯◯のためにこう動くんだ!」という強い意思があってこそ、初めて取った行動に価値と再現性が生まれるのです。

 

▼では、その意思に力を与えるのは何なのでしょうか?

それは、間違いなく【理念】です。

理念とは、世界はこうあるべきという自分自身が考える“理想的な信念”のこと。

 

理念を形作ることで意思が生まれ正しい行動につながります

そして、その理念に基づいた行動を見て、人は心(感情)を動かされ、自然と応援したくなるのです。

 

▼「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」

私が好きな二宮尊徳翁の言葉です。

 

行動の伴わない理念は機能しませんし、理念なき行動はもったいないもの。

理念と行動の言行一致を目指したいものですね。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

AID DESIGNの無料メルマガ
【応援されるデザイン通信】は毎週火曜日の朝に配信中。

よろしければご登録ください。
↓  ↓   ↓

  ■ 登録・解除フォーム
  ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

 
support
関連記事