2018-02-19

2018年2月17日 〜新大阪・CBセミナー【満員御礼】〜

■先週末の2月17日、新大阪にて行われた【クリエイティブ・ブリーフを使った失敗しない広告の作り方】セミナーに登壇していました。

今回で4回目となる同セミナー。毎回すぐに満席になるので「席を増やしたら?」と言われますが、より理解を深めていただくため毎回少人数で開催しています。

ちなみに今回は、北海道や滋賀、そして地元の和歌山からご参加いただきました。
ありがとうございます!

セミナーの概要は「クリエイティブ・ブリーフ」という質問シートに答えるだけで広告の原稿ができてしまうと言うもの。(←これ本当です)

質問は全部で9つあり、それぞれの答えは独立した点ですが、それをつなぎ合わせることで線となり、最終的には広告という面になるのです。

言わば「クリエイティブ・ブリーフ」は広告の設計図といった所でしょうか。

▲クリエイティブ・ブリーフ(セミナーでお配りしているブリーフとは異なります)

 

■実際、セミナーを受講いただいた株式会社北海道PVGS 代表取締役の垰本 泰隆さまから、この様なご感想をいただきました。

『言われて納得でしたが、広告の「設計図」がスタート、根本というお話が一番の学びでした。 素人な私は、うわべだけと言うかデザインの見栄えがどうなれば効果的か、なんてことばかり考えていたので、非常に深い学びになりました』

垰本さま、ありがとうございます。

広告作りにおいて、「自分のイメージ通りに仕上がってこない」という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

原因はいくつか考えられますが、そのほとんどは垰本さまのご感想通り、「広告の設計図」をスタートとして捉えていないからと考えられます。

つまり、広告の核(コア)となる「原稿」が不十分というケースが実に多いのです。

 

あえて誤解を恐れずに言えば、大部分の広告制作会社はデザインのプロであり、マーケティングのプロではありません。

その制作会社に原稿作りまで委ねてしまうと、広告主の意図しない方向に向かってしまう可能性が高いのです。(もちろんエイドデザインは違います)

■同じく、同セミナーを受講いただいたキャリアコンサルタントのO・Yさまからは、

「相手にどのように訴えるか」をより理解することで、チラシを作成することが出来るのを知れてよかったです』

というご感想をいただきました。Oさまありがとうございます。

 

「相手とは」ターゲットのこと。そこにどのように訴えるかを一番知っているのは、広告主以外ありえません。

 

確かに「クリエイティブ・ブリーフ」に書き込むには時間が必要です。

しかし、書き込んだブリーフはそのまま広告原稿になるだけでなく、セグメンテーションやターゲティング、事業の根本的な方向性を見直すきっかけにもなります。

 

今や常識は5年で書き換わる時代。

広告メッセージは定期的にアップデートすることが大切なのです。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

AID DESIGNの無料メルマガ
【応援されるデザイン通信】は毎週火曜日の朝に配信中。

よろしければご登録ください。
↓  ↓   ↓

  ■ 登録・解除フォーム
  ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

 
support
関連記事