夢を目標に変えるブランディングパートナーAIDDESIGN

Blog

ブランド構築サポート【おいけのまど様②】

ブランド構築サポート

 

〜 コンテンツ 〜

1. 2回目以降、毎回おこなう◯◯◯◯

2. 市場とは海のようなもの

3. まず戦略から市場機会を考える

4. 決めないと始まらない

 


 

1. 2回目以降、毎回おこなう◯◯◯◯

 

2020年3月3日(火)、「おいけのまど」様の第2回目ブランド構築ワークを行いました。

 

ワークの開始時刻はもちろん18時。

皆さまお仕事帰りにお集まりいただき本当にありがとうございます。

 

 

 

さて、2回目以降のワークで毎回おこなうことがあります。

 

それが何だかお分かりになられますか?

 

▲2回目のブランド構築サポート風景

 

 

正解は“振り返り”

 

通常のブランド構築サポートは2週間に一度の割合で行います。つまり、2週間前に行った内容の続きを進めていく訳です。

 

 

ちなみにエビングハウスの忘却曲線によると、2週間後では覚えた内容の77%は忘れるとあります。

 

もちろんこの忘却曲線は「子音・母音・子音」など、無意味な音節を覚えた時の記憶の話なのですべては当てはまりませんが、それでも「おおよそ忘れる」ということには間違いありません。

 

ですので、記憶を定着させる意味でも、2回目以降のワークでは毎回しっかりとした振り返り行うのです。

(ちなみに前回おこなったサポート内容はこちら

 

 

 

 

2. 市場とは海のようなもの

 

2回目のテーマはズバリ「市場機会を考える」。

 

ひとことに「市場」というと非常に広範囲にわたる言葉ですが、ここでいう市場とは『財市場』と呼ばれるモノ・サービスの売買取引に関する市場のことを指します。

 

簡単にいうと、市場とは「取引が行われている状況や場所」のことです。

 

 

漠然としていて海のように広い市場の中で、自社にとって成長のチャンスだと考えられる領域を探ること。

これが「市場機会」であり、それを決めるのが今回のテーマです。

 

 

たとえばライザップでいうと、「予約制・完全個室の専属パーソナルトレーナーによるフィットネスクラブ」が創業当時の市場機会…ではないでしょうか。(あくまで想像です)

 

これらを考えて、決めるのが2回目のゴールです。

 

 

 

3. まず戦略から市場機会を考える

 

とはいえ、いきなり市場機会を考えても中々出てきませんし、出てきたとしても納得できるだけの根拠もありません。

 

まずは様々な角度から戦略立てて考えていく必要があります。

周りからスポットライトをあてて、全体のアウトラインを探っていくようなイメージです。

 

 

一般的にはSWOT分析というツールで導き出しますが、弊所ではクロスSWOT分析というフレームワークを使い、以下4つの観点からより詳細に戦略を考えていきます。

 

・強み×機会 = 積極攻勢戦略

・強み×脅威 = 差別化戦略

・弱み×機会 = 弱点強化戦略

・弱み×脅威 = 専守防衛または撤退戦略

 

そしてここでアウトプットいただいた内容をみながら、一つの市場機会に絞り、決めるのです。

 

▲戦略をじっくりアウトプット

 

▲全員で発表しながら共有

 

 

 

4. 決めないと始まらない

 

そう、ポイントとなるのは「決める」というフェーズです。

 

多くの場合、議論が深まらず「決める」という作業が先送りになることが多いです。しかし、決めないとそこから一歩も先に進むことはできません。

 

…とこう書くと、「間違ったことを決めたらどうするの?」という意見が聞こえてきそうですが、それでも「決める」ことは大切です。

 

なぜなら、市場機会の成否は市場に投入してみるまで分からないから。

 

であれば、まずは決めた後、進めていくごとにさらに深めていく。その上で必要であれば、ブランド構築ステップいきつ戻りつしながら調整していくのです。

 

▲ワーク後に行うクールダウン的な振り返り

 

 

ともあれ、お陰さまで今回もあっと驚くような素晴らしい市場機会にたどり着くことができました。

 

この人数、このメンバー構成ならではのアウトプットだったと思います。

 

 

内容については、リリース前なのでお伝えできないが非常に残念ですが、カタチになった後このブログに加筆できる日を楽しみにしています。

 

 

 

次回は今回導き出した市場を「一番評価してくださる方は誰なのか?」というブランド構築の根幹ともいえる重要なステップに進んでいきます。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

Mail
Magazine ブランディングに関する情報を定期的に配信中!Mail
Magazine ブランディングに関する情報を定期的に配信中!
Contact Us

ブランディング・マーケティングのご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。