2017-08-17

【広告】チラシは決して直感で作ってはいけない

■次の問題に5秒以内に答えてください。

~問題~

ここにバットとボールがあります。
合わせて1,100円です。

バットはボールより1,000円高いです。

ではボールはいくらでしょうか?

正解は・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・100円ではなくて50円ですよね。

■ボールが50円。ボールより1,000円高いバットは1,050円。

合わせて1100円になります。

これは行動経済学者のダニエル・カールマンが作った有名な問題です。

人間は物事を2つのパターンで判断すると言われています。

一つ目は直感で判断するシステム1、そして二つ目は論理的に判断するシステム2。

先のバットとボールの問題は、『5秒以内に答えてください』という前提があったのでシステム1で処理されたはず。

つまり、『1,100-1,000=100』という直感で答えてしまったのです。

これが現実だとかなり危ういですよね…。

■実はチラシ作りにおいても、このシステム1の思考で制作されるケースがほとんどです。

『いやいや論理的に考えているよ』と言われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

もし、論理的に制作されているのであれば、“目的や目標” “ターゲットの選定” “競合との優位性”などすぐに答えられるはずです。

いかがでしょうか?

おそらく即答できる方は少ないと思います。

なぜなら、ほとんどの方が設計図もなしにチラシを作り始めるから。

■家づくりにも設計図が必要なように、チラシ制作においても同様です。

その設計図となるのが【クリエイティブ・ブリーフ】というヒアリングシートです。

・広告の目的と目標

・商品やサービスの売り

・競合との優位性

・ターゲットの選定

・相手になりきったときのココロの動き

・ターゲットの反応

・一番大切なメッセージ

・信頼性とその根拠

・効果的なオファーなど、これらの項目に準じた9つの質問に答えていくことにより、広告の方向性が定まり成功確率も上がるのです。

チラシは論理的に組み立てるもので、決して直感で作ってはいけないのです。

クリエイティブ・ブリーフにご興味のある方はコチラをご覧ください。

↓  ↓   ↓

2017-09-09 セミナー(大阪)

support
関連記事