夢を目標に変えるブランディングパートナーAIDDESIGN

Blog

100-1=0?

考え方

帝国ホテルに【10・10・10(テン・テン・テン)】という法則があるそうです。

 

これは

ブランドを構築するのに10年、

失うのはたった10秒、

そして失った信用を取り戻すのにまた10年かかるというもの。

 

 

少しのことでも手を抜いてはいけないという、同ホテルのサービスの基本だそうです。

さすが帝国ホテルですよね。

 

実はブランディングにおいても、この【10・10・10(テン・テン・テン)】と同じことが言えます。

 

 

目先の売上を追いたいがために、ブランドの「トーン&マナー」※を無視した安売り路線のデザインでプロモーションしたとしましょう。

(※広告におけるデザインの一貫性を持たせることを指します)

 

 

もしかすると短期的な売上に繋がるかもしれませんが、ブランドにマイナスのイメージが付いてくることも考えなくてはいけません。

 

なぜなら一度付いたブランド・イメージはすぐに拭えないから。

 

 

たとえば、吉野屋を高級料亭としてリブランディングすると考えると分かりやすいと思います。

おそろしく時間(=お金)の掛かることは誰でも分かるのではないでしょうか。

 

 

もちろんキャッシュがなければ会社の未来はないので、売上にもコミットしなければいけません。

これは当たり前の話です。

 

しかしながらその上でお伝えしたいのは、「あなたのビジネスは1年や2年程度で終わらせるモノなのですか?」ということ。

 

 

10年、20年、いいえ、一生続ける仕事であれば、自身のブランドを傷つけないようデザインに気を付けることは、息をするのと同じくらい大切に考えなくてはいけません

 

 

帝国ホテルでは【100-1=0】という算式もあります。

 

これは、99のサービスが最高でも一つのミスですべてが台無しになるという教訓だそうです。

 

 

広告とは、読んで字のごとく【広く世の中に告知すること】。

広告を打つということは、自らが意図していないイメージを不特定多数に認知されてしまう可能性を含んでいます。

 

 

知らない内に付けてはいけないブランド・イメージが付かぬよう、広告のデザインには常に気を配らないといけないのです。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

Mail
Magazine ブランディングに関する情報を定期的に配信中!Mail
Magazine ブランディングに関する情報を定期的に配信中!
Contact Us

ブランディング・マーケティングのご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。